抜毛予防

コラーゲンは単体で摂っても意味がない?

コラーゲンを単体で摂取してもお肌に効果が期待できるのでしょうか。
そもそもこれは肌とどのような関係性があるのでしょうか。
コラーゲンは、肌のハリや弾力、ツヤなどを生み出す成分です。
年齢とともにどうしても減少してしまう成分になります。
コラーゲンが減少してしまうとハリや弾力がなくなり、シワやたるみの原因になります。

そんなコラーゲンは、食材やサプリメントなどで摂取できます
サプリメントは比較的に吸収しやすいように作られています。
しかし食材の場合は、この分子が大きく過ぎるため吸収しにくいというデメリットがあります。
なぜなら食材に含まれているものは、摂取したときに一度アミノ酸に分解されてしまいます。
なのでこれをたべてもそのままお肌のコラーゲンになるというわけではありません。

一度分解されたものは、そのほかの栄養素を組み合わされてまたコラーゲンとしてお肌に還元されるとは限りません。
これは良質なたんぱく質なので、お肌以外の骨や関節などにも必要な栄養素です。
なので必ずしもお肌にだけ効果がるとは限りません。
さらにはしっかりと有効成分が確保できるとは限りません。

そこでこれを含む食事を摂取したときに一緒に摂取するとまたコラーゲンとして体内で活躍してくれるようになります。
その具体的な成分とは、リシンやビタミンCという成分を一緒に摂取すると体内でこれが再生されます。
コラーゲンは単体ではなく相性がいい成分を一緒にとることで初めて美肌に効果が得られます。

具体的な食材として、リシンは大豆製品など豆類に多く含まれています。
納豆や豆腐など大豆から作られたものや魚や肉類にも含まれている成分です。

そしてビタミンCや果物に多く含まれている成分です。
野菜ではトマトやレモンが代表的な食材です。
以外にジャガイモゴーヤにも含まれています。

果物でビタミンCが豊富なものはイチゴやアセロラなどが有名です。
生のまま一緒にとるとこの形成に有効的に働きます。
コラーゲンは年齢とともにどんどん減少してしまう成分です。
だからこそコラーゲンを摂取する際には、より効果的に吸収できるように気をつけましょう。

Copyright(C) 2013 肌には欠かす事が出来ない主成分 All Rights Reserved.